なわとびポーズ「V字止め・足フリーズ」のやり方と指導法を紹介します!

こんにちは。
なわとびパフォーマーのふっくんです。

今回はなわとびのポーズで最も有名な「V字止め・足フリーズ」のやり方や指導法を紹介します。
ポーズのネタではありますが、縄を回す練習にもなるので、小学校低学年や幼児にもおすすめです。

V字止め・足フリーズ・なわとびポーズ

なわとびポーズ「V字止め・足フリーズ」
やり方と練習方法



〔スポンサーリンク〕

V字止め・足フリーズとは?

なわとびを使ったポーズの一つです。
足の裏で縄を止めて、「V」の形を作ります。

足フリーズやV字止め等、いろいろな名前で呼ばれています。

V字止め・足フリーズのやり方・教え方

1.縄を体の後ろにもってきて準備する
2.つま先を空に向ける(かかとは地面に着けておく)
3.(バンザイして)縄を前に持ってきて足にかける

動画を改めてご確認ください。



〔スポンサーリンク〕

よくある失敗と対策

よくある失敗と対策を紹介します。
なかなかできない時はご参照ください。

縄が足にかからない

縄が足の裏にかからない子がいますが、まずは何回も挑戦してみましょう。
そのうちできると思います。

足にかからない原因に多いのが、手の位置が低すぎることです。
縄は、手を下にしなくても勝手に下に落ちていきます。むしろ手が低すぎると、縄がはねて足にかかりにくくなります。
あまり足にかけようとしすぎず、縄が回ってくるまで待っているくらいの気持ちでいましょう。

足が地面から離れてしまう

足が地面から離れて、縄が足の下を通過してしまうこともあります。
空に向けた足は地面にずっと着けておくようにしましょう。

クロスV字止めもあります

手をバッテンにした形でV字止めをするクロスV字止めもあります。

ポーズとしても良いですし、あやとび・交差とびの練習としてもおすすめです。
こちらもぜひ挑戦してみましょう。

最後に

なわとびのポーズができると、跳ばなくても「できた」という気持ちを味わうことができます。
なわとびが得意な子から苦手な子まで楽しめるネタですので、ぜひ練習してみましょう。



〔スポンサーリンク〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA