とばないなわとび技「返しとび」成功までのステップ。やり方や指導法を紹介します!

こんにちは。
なわとびパフォーマーのふっくんです。

今回は、跳ばないなわとびの技「返しとび」のやり方・指導法を紹介します。
小学校でもよく行われる技ですね。



〔スポンサーリンク〕

返しとびとは?

とばないなわとび技です。
見た目が良く、引っかかることが少なく、休憩にもなるため、
リズムなわとびでもよく使われます。

※動画はゆっくりの練習法から始まります。
後半(16秒あたりから)が普通の返しとびです。

返しとびのやり方・教え方

1.縄を体の前、手を後ろ、回す、開く、縄を前、をゆっくりやる
「(まえ)、うしろ、まわして、ひらいて、まえ」のかけ声

2.1をだんだん速くする

3.速くなってきたら「(手を)うしろ、まえ」のかけ声に省略

「(まえ)、うしろ、まわして、ひらいて、まえ」の動きは、動画と合わせてご確認ください。

よくある失敗と対策

先にお伝えすると、理解に時間がかかる技です。
ただ、とばなくてもできる技なので、諦めずに何度も取り組んで欲しいと思います。

後ろに手をもっていけていない

返しとびのほとんどの失敗が後ろに手を持っていけてないことです。
また、後ろに持っていくよう意識をしていても、実際はほとんど後ろにいってなくて上手くいかないこともあります。

鏡を使ったり、動画を使ったり、友達に確認してもらったりして、手の位置が合っているか確認してみましょう。

「まえ」の時に片手しか動いていない

「まえ」の時に片手しか動いていなくて、次につなげられないこともあります。

「まえ」の動きは、両手を「バンザイ」するイメージです。
「うしろ、まわして、ひらいて、バンザイ」や「うしろ、バンザイ」にかけ声を入れ替えても良いかと思います。

回す手の方向が反対

反対方向に手を回してしまうのは、たまに見る失敗です。
まわして、の時に縄がからまる場合は、反対まわしになっていないか確認してみましょう。

回しの向きですが、前にある手(後ろにもっていっていない手)が、
・右手の場合は時計まわり
・左手の場合は半時計回り
です。

返しとびの発展技・関連技

返しとびの発展技や関連技も紹介します。
通常の返しとびができて、もう少し挑戦してみたい時はやってみましょう。

返し横ふりとび

返し横ふりとびは、返しとびに足を横に振る動きがついた技です。
タイミングが難しいですが、見た目がハデなので、集団での演技で使われることもあります。

前後交差とび(EB)

片手は通常の交差、片手は背中の後ろで交差をする技です;。
返しとびの動きとにているので、返しとびができると取り組みやすいです。

なわとび技「前後交差とび(EB)」のやり方と練習方法を紹介します!

後ろ返しとび

もちろん後ろ回しバージョンもあります。

まとめ

できるようになると何かと便利な返しとびです。
かけ声を参考に、是非挑戦してみてください。



〔スポンサーリンク〕



〔スポンサーリンク〕

とばないなわとび技「返しとび」成功までのステップ。やり方や指導法を紹介します!” に対して1件のコメントがあります。

  1. ごーや より:

    わかった!!💋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA