縄跳び技「二重とび」のやり方とコツを紹介します。小学生・幼児のなわとび指導に。

こんにちは。
なわとびパフォーマーのふっくんこと、藤沢祥太朗です。

今回は、縄跳び技「二重とび」のやり方と指導法を紹介します!
なわとびの中でも特に有名な技ですね。



〔スポンサーリンク〕

二重とびとは?

2回ジャンプしている間に、2回縄を回す技です。

英語ではdouble under、地域によっては二段とびと言うこともあります。

二重とびのやり方と教え方

前とびを速くとぶ練習をする

速い前とびをとぶ

二重とびと言っても回し方は基本的に前とびと同じです。
まずは前とびを速くとぶ練習をしましょう。

二重とびが1回跳びたいだけなら、とりあえずは速いペースで10回くらいを安定して跳べれば十分かと思います。

30秒前とびも練習におすすめです

多くの学校で行われている30秒前とびも練習におすすめです。
前とびの技術を上げることが、二重とびはもちろん、様々ななわとび技の習得につながります。
ちなみに一般的に、30秒間で前とび70回跳べることが二重とびができる目安と言われています。

助走の付け方を色々試す

早速ですが、二重とびに挑戦してみましょう。
二重とびの助走の付け方のおすすめが2つあります。

①前とび3回から二重とび

最も有名な方法です。
前とび3回跳んでから二重とびに入ります。

最初はしゃがんでも良いです。
立って着地するよりも少し滞空時間が長くなります。

ジャンプ台での練習もおすすめ

ジャンプ台やエアーマット等、はねる場所が使えるようであればそちらでの練習もおすすめです。
こちらも同じくですが、滞空時間が長くなります。
1回も跳べない段階では、まずは回し方の感覚を掴むことが大事です。

②いきなり二重とび

個人的にかなりおすすめの方法です。
前とびをせずにいきなり二重とびをします。

この方法で大事なのが、手(縄を動かす)→足(ジャンプ)の順で動かすことです。
縄が体の前側に来てからジャンプを始めます。

この練習の良いところは手の動きに集中できるところです。
前とびの技術が未熟な段階では、前とびで助走をつけることで逆に二重とびに集中できなくなることがあります。
ぜひいきなり二重とびに挑戦してみましょう。

ただ、今後につなげるためには、やはり基礎練が大事になので、前とびの技術向上も同時進行で進めていきましょう。

連続跳びにも挑戦する

一回跳べたら連続にも挑戦してみましょう!
とは言っても、1回と連続2回では大きな差があります。

後で紹介する「前とびをはさむ練習」にぜひ取り組んでみてください。

二重とびのコツ・ポイント

リモコン持ち

親指を立てて持ちます。
リモコンを押すような形からリモコン持ちとも呼ばれています。

縄の長さ

見逃しがちですが、二重とびは縄の長さが非常に大事です。
当たり前の話ですが、縄が長くなれば回す距離(円周)が長くなります。
そのため短い方が良いです。頭や足に縄があたらない程度には調整しましょう。
おすすめは、片足で縄を踏んだ時(足フリーズ時)に、「グリップがおへそから胸」くらいの長さです。

前とびの技術

もう一回お伝えしたいので改めて。
二重とびの習得には、とにかく「前とび」が大事です。
まだ、安定して跳べない場合は、まずはそちらを練習しましょう。
先ほど紹介した、前とびを速くとぶ練習や30秒前とび、他にはかけ足とび・けんけんとび・グーパーとび等のステップ技もおすすめです。



〔スポンサーリンク〕

よくある失敗と対策

手の位置が高くなる・後ろに下がる

二重とびをする際に手の位置が高くなったり後ろに下がったりする子は多いかと思います。
二重とび!と意気込みすぎて前とびと違うフォームになってしまっていることに問題があります。
色々な方法はあるかと思いますが、私ふっくんは、下記のような方法でアプローチすることが多いです。

前とびを速く跳んでもらう
→その時の手の位置覚えるように伝える
→できるだけ気合を入れないで(前とびと同じように)二重とびに挑戦するように伝える

もちろん直接「手の位置が変わらないように気をつけて」と伝えるでもよいと思います。
どのような進め方が良いかは人それぞれなので色々試してみましょう。

一回は跳べるけど連続では跳びない

一回跳べるけど連続では跳べない場合は、ギリギリか余裕すぎるかのどちらかです。

跳ぶのがギリギリの場合

二重とびの技術がまだ未熟な場合です。
この段階だと最終的には跳んで練習してもらうしかないかと思っています。

1回でも跳べる場合は、前とびを間に挟む練習がおすすめです。
前とび3回→二重とび1回→前とび3回→二重とび1回→〜
と繰り返します。

慣れてきたら
前とび2回→二重とび1回→前とび2回→二重とび1回→〜
前とびを減らしていきます。

前とび→二重とび→前とび→二重とび
とできる頃には連続でもできるようになっているはずです。
むしろ連続より難しいかもしれません。

余裕すぎる場合

意外かもしれませんが、二重とびが余裕すぎて連続でできないことがあります。
二重とびには縄を加速させる部分と、減速させる部分(ブレーキング)があります。
縄は速く回せるのに、ブレーキングが上手くできずに、2回目のジャンプの前には回しすぎて体に縄が当たっている、という状況です。

こういう場合も、前とびを挟む練習がおすすめです。
ギリギリの場合とは目的が違って、こちらは縄をゆっくりする感覚を習得するために、前とびをあえて挟ませます。
前とび→二重とび→前とび→二重とび
までできるようになる頃には連続でも跳べるようになっているはずです。

二重とびにおすすめのロープ

私個人の意見ですが、一部のロープを除き、基本的に何でも大丈夫です笑。
・中身が詰まっている(押しても潰れない)
・グリップが適度に長い
・長さ調整が簡単
こんなものがおすすめです。

逆にあまりおすすめしない一部のロープとは、幼児の運動遊びでよく使われる綿ロープ。運動遊びには最高の縄と思っていますが、回すのが難しいので二重とびには適していません。
また最近使う子が増えてきたビーズロープも、できなくもないですが、重たいので別のロープの方が良いかと思います。

よく市販されているようなビニールロープがおすすめです。
一部を紹介します。

またなわとび競技をやっている方々はよく使っている縄ももちろんやりやすいです。
ただ、たまに切れることがあるのがデメリットではあります。
多少買い替えても良い方にはこれらもおすすめします。

JJRUホームページのビニールロープをご覧ください。
https://jjru.sport/goods.html

100均のロープでも跳ぶことにはそこまで大きな問題はないと個人的には思っていますが、どうしてもトラブルが多めです。
縄が外れる等のトラブルが多くてその都度子どものやる気がなくなってしまったり、実は大人(先生方)の縄トラブルの対応を増やしていたり。
なわとび講師の私としては、壊れにくいロープを選んでほしいと思っています。

最後に

二重とびは焦らずに練習していけばできるようになります。
少しずつ取り組んでいきましょう。

ちなみに、こちらは私です。

ありがとうございました。



〔スポンサーリンク〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA