オープンスキルとクローズドスキル~スポーツをやる上で覚えておきたい知識~

こんにちは。なわとびパフォーマーのふっくんです。
スポーツをする人が知っておいてほしい知識に「オープンスキル」と「クローズドスキル」があります。
今回は、オープン・クローズドそれぞれのスキルを紹介していきます。



〔スポンサーリンク〕

「オープンスキル」とは、外的要因によって左右される技能。変化する状況で使える技能。
傾向が強いスポーツ:サッカー、バスケ、剣道 等

「クローズドスキル」とは、外的要因によって左右されない技能。自分のペースで行える技能。
傾向が強いスポーツ:体操、陸上、なわとび 等

多くのスポーツには、オープンスキルとクローズドスキルのどちらの要素もあります。
例えば、テニスでは多くの場面がオープンスキルですが、サーブはクローズドスキルです。

なわとびはクローズドスキル要素がかなり強いスポーツですね。
クローズドスキルは自分でコントロールできるものなので、オープンスキルと比べると獲得が簡単と言われています。
運動があまり得意ではない人でもなわとび続けられている人が多いのは、クローズドスキル要素が強いからかなと思っています。

知っておくと何かと便利なスポーツの知識。
オープンスキルとクローズドスキルの概念、是非習得しておきましょう。



〔スポンサーリンク〕



〔スポンサーリンク〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA