英語の通じない国に初めて行って感じたこと

こんにちは。
なわとびパフォーマーのふっくんです。

先日、中国・上海に行ってきました。
英語が通じない国に行くのはこれが初めてです。



〔スポンサーリンク〕

結構トラブルはありました。。

笑顔が大切

言葉の通じない環境に来て一番感じたのは、笑顔の大切さです。
笑顔で接してくれる人は言語通じなくても安心できますが、真顔で答えてくる人と言語分からずに話そうとするとかなり怖いです。

人次第です

人種や文化でひとまとめに「~人はこんな傾向がある」という話はよく聞きますが、
実際に接してみてその人次第だなと感じました。
良い人は本当に良い人です。短い期間でしたが、仲良くなった人もたくさんいました。

ちなみに

ここから先は補足です。

衝撃の携帯事情

結構衝撃だったのが、規制が厳しいらしく、VPNという機能を入れない限りgoogle,yahoo,Line等一通りの機能が使えません。
We chatというアプリだけ使えます。(中国のLineのようなもの)

上海ディズニーランドはおすすめ

帰国前日に行ったディズニーランド。
めちゃくちゃ暑かったですが、すごい楽しかったです。
特にカリブの海賊はプロジェクションマッピングを駆使した日本とは異なるものです。絶対行った方が良いです。

あと、すごい私事です(笑)↓

いい人の話

1人でご飯を食べに行ったとき、食べ方が全然わからず頑張って聞いていたら、
お互いに何言っているか分からず、衝撃の形で帰ってきました。

中国の料理食べようと思ってきたのに、「おにぎりじゃん」という突っ込みを入れたくなりました。。
聞き取ろうとしてくれて嬉しいですね。

最後に

楽しいし、いい思い出にはなりましたが、
久々に(むしろ初めて)しんどいなと感じた海外でした。



〔スポンサーリンク〕



〔スポンサーリンク〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA