小学校の教室に置きたい!短時間でできる楽しくてお手軽なカードゲーム・ボードゲーム特集。

こんにちは。
小学校への出張指導をしている、なわとびパフォーマーのふっくんです。

今回は、10分以内で休み時間にもできるカードゲーム・ボードゲームを紹介します。



〔スポンサーリンク〕

ドブル

とにかく簡単なゲームです。
1ゲーム1分もかからないので、一瞬で決着を着けることができます。

それぞれのカードに、同じマークは必ず1つだけあります。

その同じマークを見つけて先に出したら勝ちになります。
とても簡単なゲームながら、とても盛り上がります。

おばけキャッチ

おばけ(白)・ネズミ(灰色)・本(青)・ビン(緑)・椅子(赤)を取り合うゲームです。
絵柄と同じものがなければ色も絵柄も出てこない物、同じものがあればそれを取ります。

「同じものがあれば同じものを取る」、というのが意外と落とし穴。
普段はないものを探すので、あるものがあっても気が付かないことが多いです。
とても単純なルールなので、取り組みやすいゲームです。

注意点としては、最後までやると10分を過ぎる可能性が高いです。
ただ、途中まででも十分遊ぶことができます。

ナインタイル

3×3のマークをそろえるゲームです。

表面と裏面のどちらにもマークがあるというのが特徴です。
表面だけでは大体揃わないので、裏面からマークを探してくる必要があります。

揃った時の気持ちよさはなかなかです。
こちらも1ゲームを短時間で終えることができます。

スピードカップス

カップを素早く並べるゲームです。
一番早く、カードの通りにカップを並べてベルを鳴らした人が勝ちです。

通常のカードでは、横一列、あるいは縦一列です。
拡張版には、横と縦の組み合わせや、一部だけ重ねるなど、さらに難しい並べ方に挑戦できます。

1ゲーム1分以内で終わるので、短時間で取り組みやすくおすすめです。

ナンジャモンジャ

とても有名なゲームです。
キャラクターに名前を付けます。

・新しいキャラクターが出たら名前を付ける
・同じカードが出てきたら一番最初に名前を言った人がカードを手に入れる
・カードを一番多く持っていた人が勝ち
という単純なゲームです。
やってみると変な名前が出て、予想以上に盛り上がります。

こちらも10分を過ぎる可能性が高いので注意です。
ただ、途中まででも十分楽しむことができます。

最後に

今回は、小学校で取り組みやすいカードゲーム・ボードゲームを紹介しました。
短時間で取り組みやすいものを選んだので、是非ご参照ください。



〔スポンサーリンク〕



〔スポンサーリンク〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA