一番記録が伸びるのは、110%の課題設定だそうです。

こんにちは。
なわとびパフォーマーのふっくんです。
今回は、目標設定の話です。



〔スポンサーリンク〕

良い目標設定

最も記録が伸びるのは、あと少しの課題に挑戦する時だそうです。

というと、なわとびの場合、
30秒スピード90回の子が「100回」目指そう!
というよりは、「91回」目指す方が良いですし、

大会10位の子が「1位」目指そう!
というよりはまずは実際にいけそうな順位を目指す方が良いということです。

テレビゲームだと

ゲームをやることを考えてみてください。
途中で出てくるボスがいきなりラスボスだったらどうでしょうか?
難しすぎてやる気がなくなると思います。
テレビゲームはつねに、あと少しの課題が何回も来るように考えて作られているから面白いです。

特に大人が要注意

意外と反省の多い話だなと、感じたので紹介させてもらいました。
特に、子どものモチベーション以上に、大人のモチベーションが高くなっている時に、目標設定のアンバランスが起きる可能性が高いのかなと感じています。
という私も、思い出すと反省点が多い話です。

最後に

ラスボスを倒すのが目標でも、まずは目の前にいる小ボスを倒すのを目標にする。
小さなクリアを何度もして、少しずつ目標を高くしていく。
そんな目標設定を大事にして、楽しくやっていきたいなと感じた話でした。



〔スポンサーリンク〕



〔スポンサーリンク〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA