ダブルダッチ「巨人の星」フリースタイル制作秘話

こんにちは。なわとびパフォーマーのふっくん(@fuji6112249)です。

昨年の全日本選手権のダブルダッチフリースタイル部門で、思い出に残る演技が発表されました。
それがダブルダッチ「巨人の星」フリースタイルです。



〔スポンサーリンク〕

まずは、この動画を見てください。
昨年の全日本選手権、ボクシング広場5年生以下Aのダブルダッチフリースタイルの演技です。

全日本選手権の締め切り前日に急遽出場することになりました。せっかくなら団体総合出た方が良いのではないかという話になりましたが、当然やったことがないのでダブルダッチフリースタイルの何も知らない・何もできない、そんな状態からスタート
ただ、あまり時間もなく直接指導できるのは週1回1時間程度。(さらに単縄フリーにも時間を使いたい。。)
週1回の指導でどのように大会までもっていくか、というのが自分の課題でした。

付け焼刃程度の技術では勝負になりません。
中途半端な演技になるくらいならいっそのこと、必要なもの以外は辞めるという決断をしました。

そこで目標にしたのが以下の二つです。
1.減点されないこと
2.記憶に残る演技をすること

技がないと減点されるFISACのルールのため、最低限の技は練習。
また、野球が好きなメンバーだったので野球のいい曲がないかとググってみた所、巨人の星がヒット。
曲決まってからは、当然のようにオープニング映像を見まくりました笑

練習を重ねていくうちに、「うさぎとび入れたい」とか「ちゃぶ台返ししたい」とかだんだん子どもたちからアイディアが出始め、気がついた頃には振付だらけの演技に。
巨人の星から出てくるアイディアは出し尽くした感があります笑

そうして、最終的に完成した巨人の星フリースタイル。
本番はノーミスという強さを見せつけました。
これまでの経緯を見てた自分からすると大感動モノでした。

こんなボクシング広場(BX Skippers)より、韓国で行われるアジア大会に出場します
相変わらず時間のない中ですが、この巨人の星の演技からどれだけレベルアップできるか、シングルロープ種目もどこまでレベルアップできるか、自分としても楽しみにしています。



〔スポンサーリンク〕



〔スポンサーリンク〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA