先生の「憧れ」が子どもをやる気にさせる!~『斎藤孝の相手を伸ばす!教え力』を読んで~

こんにちは。なわとびパフォーマーのふっくん(@fuji6112249)です。
なわとびパフォーマーとしての一番の仕事は子どもたちになわとびの楽しさ・魅力を伝えて「やる気にさせること」だと思っています。
そして、やる気にさせるのは、「のめりこんでいる人」が一番強いと思うのです。

齋藤孝さんは「先生の憧れが、生徒の憧れを生む。」と言っています。
先生の憧れの方向に、子どもたちも引き寄せられるということです

つまり憧れに憧れる関係というのが指導の基本スタイルということです。

子どもたちに、自分の憧れを見せることができているか、自分自身に憧れがあるだろうか、考えるきっかけになる言葉でした。
そういう風に、子どもたちを引き寄せられる人になりたいと思います。



〔スポンサーリンク〕



〔スポンサーリンク〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA