一回旋二跳躍から一回旋一跳躍は接続させない?!いきなり前とび指導法がすごい件

こんにちは。なわとびパフォーマーのふっくんです。

なわとびの指導において、一回旋二跳躍から一回旋一跳躍、つまりトントンとび(2回ジャンプする前とび)から通常の前とびに接続させるのが一般的な指導法とされています。

しかし!?!ここに異を唱える子どもたちが多数出現しています。
実は一回旋二跳躍を経由しない、いきなり前とび指導法が効果的ではないかと思い始めています。



〔スポンサーリンク〕

はじめに

この動画を見てください。

この子たちは、2人とも4歳児。
なんと一人は4歳で2重とび76回という大記録を打ち立てました!!
この子たちもいきなり前とび指導法で育った子どもです。

いきなり前とび指導法について

こんな子どもたちを育てているいきなり前とび指導法を紹介します。

1.リズム通り跳ばせてみる

「声に合わせて跳んでね。せーの、1.2」(前とびのリズムで)とリズムに合わせて跳ばせてみます。前とびのリズムで声を出すというのがポイントです。
最初は2回からスタート。次第に3回.4回.5回と回数を増やしていきます。5回跳べた頃には前とびになっているはずです。

2.縄を短くする

なわとびが跳べるギリギリの短さにします。
この時に見るのは「頭」か「足」です。 足側に回すのが得意な子と、頭側に回すのが得意な子がいます。
苦手な方がギリギリで通るくらいの長さに調整してください。

3.教えずにとにかく真似させる

神経の発達が顕著な子ども期。とにかく上手な子の真似をさせましょう。
もはや正しくできてるできてないかは関係ありません。フォームを修正しようとすると急激にやる気を失ってしまいます。
不要な声掛けはせずとにかく真似させてみましょう。

ちなみにこの子たちに一回旋二跳躍(トントンとび)をやらせてみたところ壊滅的な状況でした(笑)
いきなり前とびを指導する人からすると、一回旋二跳躍や片手回しをする子ほど前とびを覚えるのが遅くなりがちということです。

すでに一回旋二跳躍をやっている子には

では、すでに一回旋二跳躍をやってしまっている子にはどうしたらよいか?

安心してください。1のリズム通り跳ばせてみる方法はすでに跳べる子にも効果があります。是非、前とびのリズムで声をかけて跳ばせてみましょう。

また、神経系の発達が最も顕著な子ども時代、大切なのは神経を刺激するということです。神経を刺激するという意味では、一回旋二跳躍から前とびにするのはとても良い経験になります。より良い経験をしているという意識をもって子どもたちと接してみればどうでしょうか?

『前とび指導の極意』

前とび指導をまとめた『前とび指導の極意』を販売しています。
興味ある方は覗いてみてください。
『【前とび指導の極意】~教える指導と教えない指導』の販売開始しました!!

まとめ

これまでのなわとびの指導の常識を覆すいきなり前とび指導法。
こんな指導法を実践しているBX Skippersを紹介しておきます。

東京都江戸川区の縄跳び教室「BX Skippers」を紹介します!!

私、ふっくんもBX Skippers(ボクシング広場なわとびクラブ)講師として活動しています。

このいきなり前とび指導法。
どれくらいの効果があるのか、まだまだ調査中です。
是非実践してみてください。



〔スポンサーリンク〕



〔スポンサーリンク〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA