「子どものために」は要注意を

こんにちは。
「子どものために」という言葉には注意が必要と感じています。

何かと子どものためと思って、一生懸命なことはもちろん良いことです。
ただ、自分を犠牲にする形でやると何かと問題があります。

例えば、
・子どものために、長時間働く
・子どものために、自分を犠牲にする

子どものためにと言うと素晴らしいことのように聞こえます。
ただ、回り回って子どものためになっていないことが多い気がしています。

自分のことをお伝えすると、
子どものためにという気持ちが強かった頃は、できていないことが気になって、落ち着かない気持ちで過ごしている時期がありました。
自分が楽しむように意識してから、これまでよりも優しい気持ちで接することができている気がしています。

子どものためにと思う気持ちが強かった時ほど、子どももためになっていなかったのかなと思うことがたくさんでした。

自分が楽しんでいる時は、子どもも楽しんでいるなと感じることがほとんどです。
みんなのことが好きだからこそ、まずは自分が楽しむように意識して活動したいと感じています。



〔スポンサーリンク〕



〔スポンサーリンク〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA